説明する男性

テキス 必要なスキルを身につけるために

内定者にとって、社会人となる不安を解消することと就職する企業での職場の雰囲気に馴染んでもらうために、就職前の研修は必要です。
それにプラスして社会人としてのマナーや基礎的なビジネススキルを身につけておくことがその目的となります。
入社後による研修では、実践的なことと配属先を決めるための素質判断に重点を置くために、その前に基本的なことは終えておこうというわけです。
少しでも即戦力として活躍してもらうことは、他社との差をつけるためにはどの企業も望むことです。
そのために、助走期間としての教育が重んじられていて、学生気分を少しでも早く抜くためにもしっかりと行う企業は増えています。
また、内定者同士の競争意識を高めるという効果も得ることができ、その競争意識によってお互いに高め合うことを狙いとすることもできます。

名刺交換

テキス 内定者教育のコツ

企業にとって内定者の教育は今や重要課題として、研修などを充実させています。
入社前に社会人としての教育を行うことで内定者を即戦力とするのが狙いとなります。
そのための研修を各社工夫しています。
オーソドックスな講習による座学で内定者の教育を行うケースや、ゲームなどを取り入れて遊び感覚で必要なスキルの基礎を学べるようにしているところもあります。
注意すべきは、厳しくしすぎて内定者の辞退を発生させることですが、そのバランスも課題となっています。
学生気分からの脱皮を図るために研修を行うところは多くみられます。

プレゼン

テキス 内定者研修の効果

内定者をいかに早く即戦力とするかは、企業にとっては大切なことです。
学生から社会人へと意識の切り替えやビジネスマナーも教える必要が出てきます。
そのために、入社前にその教育として研修を行うのは一般的になってきています。
講義のスタイルで本格的に取り組む方法や、ゲームを利用して分かりやすく行う方法など、様々です。
内定者とは、あくまでも入社を予定された者という意味合いがあるために、中には入社前に辞退する人も出てきます。
そのようなことを防ぐ意味でも、研修による教育を重んじるところはあります。
実際の会社の雰囲気や仕事の環境や業務内容などを把握してもらうために、事前に内定者研修を行うところもあります。
そこである程度会社に慣れてもらった上で入社してもらうという形です。本格的な教育を行うところもあります。

入社してから即実戦に移れるように、ビジネスマナーなどを徹底して講義する内定者研修もあります。
社会人としての自覚を早いうちに身につけてもらおうと、あえて厳しい教育を早くから行うところもあります。
すでに入社前から競争は始まっているという意識を持ってもらうことで、高いモチベーションを持ちながら入社してもらうというわけです。
いずれにしても、早い段階である程度の教育を済ませるということには変わりはないということになります。
コスト削減と効率化がこのような場面でも見られるとも言えます。
早めに内定者の特性を把握する意味合いも持つということです。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
November 2014
M T W T F S S
« Jul    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
オススメリンク
内定者フォローの専門パックはこちら;内定者SNSパック 必要な社員研修を依頼できるサービスはこちら。著名な人に講師として来てもらうことができるので、安心してお任せすることができます。
社内研修やゼミ合宿を行なうならこちら|トラベル・セゾン